卵子凍結を行う事によって感じられるメリット

卵子と言うのは、加齢に伴って徐々に老化して行きます。
卵子が老化する事によって、細胞質の中にあるミトコンドリアの機能が低下してしまいます。
すると細胞質が減数分裂する時に染色体が均等に分かれにくくなってしまう為、染色体の本数が通常よりも多かったり少なかったりする現象が起きやすくなってしまうのです。
染色体の数の異常は妊娠率にも影響を与え、妊娠したとしても流産しやすくなったり、出産できたとしても先天異常を起こしてしまう可能性が増してしまう場合があります。
卵子凍結は、若い卵子を採取して冷凍保存する技術の事を言います。
実際に使用する時は解凍し、対外受精などで使用する事になりますが、この場合、母体の年齢によっては今自分の体内にある卵子よりもより若い卵子を使って妊娠する事が出来るのです。
つまり、卵子凍結とは女性が何歳になったとしても、若い時の卵子を使用して妊娠にチャレンジする事が出来るというメリットがあります。
だからもし高齢出産となったとしても、今の自分自身の卵子を使うよりも先天異常を引き起こしにくいという事も言えます。
また既婚女性だけでなく未婚女性も該当する年齢になっていれば卵子を採取する事が出来るので、今は妊娠する予定がなかったとしても、将来の為の準備をする事が出来るというメリットもあるのです。